No. BR12030 / Type N-1 NAVY “NAVY DEPARTMENT”

TEXT: 東洋エンタープライズ(TOYO ENTERPRISE)

N-1と呼ばれるこのジャケットは同素材のトラウザースとセットで第二次世界大戦から朝鮮戦争にかけて米海軍の艦艇乗員用として採用された。表素材には他のデッキジャケット同様に通常“ジャングルクロス”と呼ばれるコットングログランが使用され、裏地には遮風性と保温性に優れたアルパカモヘア・ウールパイルを使用している。N-1のネイビーブルーモデルは1944年に採用され、翌1945年にはカーキモデルが支給された。その変更点はカラーだけでなく、袖口の内側に縫い付けられていたアルパカモヘアの省略、ライニング脇下と裾コード部に付いていたループの簡略や裾コード部アイレットの大型化、脇下アイレットの位置など顕著な違いを見せている。

 

 

 

 

U. S. NAVY

JACKET, DECK, ZIP / Type N-1 NAVY “NAVY DEPARTMENT”

 

 

   

 

脇下の小ぶりなアイレット。裾コードの小ぶりなアイレット。袖裏に付いたアルパカモヘア。

 

 

BUZZ RICKSON’S

No. BR12030 / Type N-1 NAVY “NAVY DEPARTMENT”

 

PRICE : ¥43,000 (+tax)

SIZE : 34, 36, 38, 40, 42, 44

COLOR : 01) NAVY

MATERIAL : Jungle Cloth

LINING : Alpaca and Wool Pile

FASTENER : Mil Specs Nickel Finished

BUTTON : Mil Specs Urea

LABEL : Navy Department

 

 

The so-called N-1 jacket and trousers of the same material were a set and adopted for the U.S. Navy ship crew between World War II and the Korean War. The outer material is a cotton grosgrain commonly called “jungle cloth,” the same material as other deck jackets. The lining is alpaca mohair and wool pile with excellent windshield and insulation. The N-1 navy blue model was adopted in 1944, and the khaki model was distributed in the following year, 1945. The changes made were not limited to color. The two models have distinctive differences, including the later model’ s omission of the alpaca mohair sewn on the inside of the cuff, simplification of the loop attached to the underarm of the lining and hem drawstring, increased size of the hem drawstring eyelet, and relocation of the underarm eyelet.