No. BR14146 / PEA-COAT LONG MODEL “WOOL LINING NAVAL CLOTHING FACTORY”

TEXT: 東洋エンタープライズ(TOYO ENTERPRISE)

1910年代に採用されたピー・コートには腰丈のタイプと膝上丈のロング着丈のもとが存在している。双方ともに高密度の分厚いメルトンウールと、アメリカの国章を表す13個の星が彫刻されたアンカーボタンが付いているが、比較検証してみると、ディテールに差異が見られる。腰丈のピーコートに付くポケットは左右のハンドウォーマーポケットが付き、ライニングはレーヨンコットン製だが、ロング着丈の方にはハンドウォーマーポケットと、その下部にフラップ付きのポケットが追加、ライニングはウールが張られた仕様となっている。どちらも1910年代というだけで詳しい採用年は判然としないが、ロング着丈の方が防寒製の高いモデルであったことに違いはない。

 

 

 

 

U. S. NAVY

ENLISTED MAN’S OVERCOAT / PEA-COAT LONG MODEL “WOOL LINING NAVAL CLOTHING FACTORY”

 

 

   

 

30年代までのピーコートに使用された13スターボタン。ポケット地は保温性のあるコーデュロイ生地を使用している。

 

 

BUZZ RICKSON’S

No. BR14146 / PEA-COAT LONG MODEL “WOOL LINING NAVAL CLOTHING FACTORY”

 

PRICE : ¥54,000 (+tax)

SIZE : 34, 36, 38, 40, 42, 44

COLOR : 01) NAVY

MATERIAL : 36 oz. Melton Wool

LINING : Wool Flannel

POCKET : Cotton Corduroy

BUTTON : Mil Spec Urea (13 Star and Anchor Motief Early Type)

LABEL : Naval Clothing Factory

 

 

The pea coats adopted in the 1910s were comprised of a waist-length type and a knee-length type. Both types use high-density thick melton wool and have anchor buttons engraved with 13 stars representing the seal of the United States. However, there are differences in their details. The waist-length type has hand warmer pockets on both sides, and the lining is made of rayon cotton. The kneelength type has hand warmer pockets and flap pockets underneath, and the lining has wool. While both were adopted in the 1910s and the exact year of their adoption is not clear, the knee-length type undoubtedly provides greater protection from the cold.