No. BR11702 / Type M-65 “BUZZ RICKSON MFG. CO., INC.”

TEXT: 東洋エンタープライズ(TOYO ENTERPRISE)

究極のフィールドジャケットとして君臨するM-65は、それまでのモデルであるM-43、M-51に改良を重ね、進化を遂げて来たモデルである。1960年代初め、アメリカ陸軍は野戦服の更新を計画しフィールドジャケットの新型モデルM-65が開発されることになった。素材はコットン・サテンの裏使い(バック・サテン)を使用し、その基本的デザインは従来のモデルを踏襲していたが、細部には違いが見られる。襟は丸みを帯びたものとなり、その内側にはフードを内蔵している。袖口はボタン式からベルクロ・テープで調節出来るように変更され、手の保護を目的とした折り返しが追加。ウエストには体へのフィットと保温を目的としたドロー・コードが通されている。こうして機能性の高くなったM-65はその後も引き続き採用され、1980年にウッドランド・パターンのカモフラージュを施したものが採用される。

 

 

 

 

U.S. ARMY

COAT, MAN’S FIELD / Type M-65 “BUZZ RICKSON MFG. CO., INC.”

 

 

 

 

BUZZ RICKSON’S

No. BR11702 / Type M-65 “BUZZ RICKSON MFG. CO., INC.”

 

PRICE : ¥39,000 (+tax)

SIZE : XS, S, M, L, XL, XXL

COLOR : 01) OLIVE DRAB

MATERIAL : Heavy Cotton Back Satin

LINING : Warp-Cotton/Weft-Nylon

FRONT POCKET FASTENER : Crown Aluminum Spring Automatic Lock

BUTTON : Mil Spec Urea

LABEL : Buzz Rickson Mfg. Co., Inc.

 

 

Recognized as the ultimate field jacket, the M-65 is an improved and updated model of the previous M-43 and M-51. In the early 1960s, the U.S. Army decided to update its field wear and develop the new M-65 field jacket model. Cotton satin was used for the back material. While its fundamental design follows conventional models, there are differences in the details. The collar is circular and contains a hood inside. The cuff was changed from a button type to adjustable Velcro tape, and a flap was added to protect the hands. The drawstring at the waist improves the fit to the body and enhances heat insulation. The M-65 with such improved functionality continued to be employed, and a model with woodland pattern camouflage was adopted in 1980.